Main Menu

私たちの生命のギャンブル

粉ミルク

 遺伝子組み換え作物はさまざまな食品に使われています。家畜の飼料の多くが遺伝子組み換え大豆やトウモロコシが使われていますし、加工食品の原料としても多くの食品に使われています。

米国産粉ミルクにおける遺伝子組み換えの割合

 粉ミルクも、と言われると驚かれるかもしれませんが、現在の粉ミルクのうち、特に大豆ベースの粉ミルクの場合は多くがトウモロコシや大豆から作られています。そのトウモロコシや大豆生産は米国ではほとんどが遺伝子組み換えです(日本の粉ミルクのメーカーは非遺伝子組み換えを使うとしているとしています)。免疫をこれから作る乳幼児にこうした粉ミルクを与えてしまうことで、いったいどんな健康障害が生まれてくるでしょうか?

 (この映画が出た後、米国のNo.1粉ミルクメーカーであるSimilac Advanceはついに今年、非遺伝子組み換えの原料で作る粉ミルクを提供することを発表しました。New York Times 2015年5月25日

Facebooktwittergoogle_pluspinterest